ディスコ(DISCO) 成分

ディスコ(DISCO)の5つの成分をご紹介!※成分は痩身効果大?

ピュアスリミー 成分

 

ディスコ(DISCO)の公式サイトを確認してみると、とにかく加速的にダイエット効果が発揮されることが分かりますよね。そのくらい早くディスコ(DISCO)でダイエットが出来るのは嬉しいですが、ちょっと成分は気になりますね。こんなにも早くダイエット効果を発揮出来るディスコ(DISCO)の成分って一体どんな成分が含まれているのでしょうか?

 

ここでは、ディスコ(DISCO)についての主な成分を5つご紹介いたします。

 

ディスコ(DISCO)の成分について

 

ディスコ(DISCO)の成分については、大きく分けると5つの成分があります。早速見ていきましょう。

 

ダイエット成分

  • コレウスフォルスコリ

コレウスフォルスコリは、インドに生息するシソ科の植物になります。代表的な効果には脂肪を分解する効果があり、体内の糖分の吸収を抑えてくれる嬉しい効果もあります。

 

  • クラチャイダム

デトックス効果を発揮する成分で食物成分が豊富に含まれています。基礎代謝を上げたり、脂肪を燃焼する効果が高いことでも有名です。

 

  • バイオペリン

冷え性改善に効果のあるインド原産の生薬です。体内の温度が上昇することで脂肪燃焼効果が高まり、痩せやすい体質を作るサポートをします。

 

  • クロロゲン酸

こちらは、コーヒー豆に含まれるポリフェノールの一種なので、エイジング効果があります。エイジング効果もありますが、このクロロゲン酸にはダイエット効果としも期待することが出来、糖分が体内に吸収されることを穏やかにします。

 

  • BCAA

バリン・ロイシン・イソロイシンという必須アミノ酸を豊富に配合してあります。必須アミノ酸をしっかりと配合することにより、脂肪を効率よく燃焼しやすくなります。

 

以上が、ディスコ(DISCO)に含まれている5つの成分になります。ダイエット成分には、食物由来の成分が多く配合されていることがわかりますよね。植物由来成分が多く含まれているので、成分については安全性の高いものだということが分かります。

 

ただ、この5つの成分がディスコ(DISCO)にはぎっしりと詰まっていますので、痩身効果は他のサプリメントよりも高い効果があります。そのため、1週間に10キロ以上の減量があった場合には服用は止めるようにしましょう。また、上記の5つの成分の中でアレルギーに反応しそうな成分がある場合も服用は控えましょう。

 

ディスコ(DISCO)の成分に関するまとめ

 

ここでは、ディスコ(DISCO)にはどんな成分が含まれているのか確認してみました。すると、ディスコ(DISCO)の成分には主に5つの成分が含まれていることが分かりました。この5つの成分は主にダイエットに繋がる成分になるのですが、その成分とは、

 

「コレウスフォルスコリ」「クラチャイダム」「バイオペリン」「クロロゲン酸」「BCAA」

 

という成分でした。この成分のほとんどは植物由来成分から成り立っていますので、安全性の高い成分になっています。とは言っても、かなり加速的に体重が減少する人も多いので、1週間に10キロ以上の体重減になった人は使用を控えることをおすすめします。

 

>>ディスコ(DISCO)の詳細はこちら